やめしりつこうづましょうがっこう
    

平成28年2月22日(月)
~6年生 自分で作るお弁当の日 最終回~

2月22日(月)に6年生の自分でつくるお弁当の日がありました。今回で5回目となるお弁当の日は、今まで家庭科で学習した「ゆでる」「炊く」「炒める」「焼く」「煮る」技の中から組み合わせたり、主食もご飯だけでなくパン料理からも選んだりすることができます。一度作ったことがある料理をもう一度作って完璧にしたいという児童、いつもお家の方が作ってくださる料理に挑戦したいという児童、最後だから全部の技を使って献立を考える児童など、みんな一生懸命取り組みました。
子どもの感想を紹介します。

5回目の弁当の日は、100%自分で作るというめあてでした。でも作れたのは、80~90%くらいでした。火加減や巻き方をしてもらったからです。なので、朝ごはんや夜ご飯を一人で調理できるようになって、自分の料理を家族みんなに食べてもらい「おいしい」と言ってほしいと思います。

・卵焼きが前よりも家の卵焼きに近くなりました。自分でごはんが作れるようになりたいです。

       

~お家の方から~

・前日から準備し頑張って作っている姿をみると、成長したなぁと思いました。家でも進んでご飯を作ってくれる日が楽しみです。

・考えたお弁当を一人で作るならすごく時間がかかると思います。お弁当は、朝、短い時間で作るものです。手早く作れるメニューを考えることも忘れずに普段から色々作ってください。

・作る作業だけでなく、おかずの内容も成長したと感じました。お弁当の日を重ねるたび私も見守ることが増えて手助けがなくなってきたことを感じました。

       

6年生は、2年間で合計5回のお弁当の日を経験することができました。これもお家の方の励ましや応援があり、温かく見守ってくださったおかげです。お忙しい中ご協力ありがとうございました。

子ども達はこれから中学生になります。生きていくうえで、食べることはとても大切なことです。この経験を生かし、これからもどんどんいろいろな料理に挑戦してほしいです。



平成27年12月18日(金)
~第4回 自分でつくるお弁当の日~
  12月7日(月)に6年生のお弁当の日がありました。4回目ともなると、アイデアがどんどんわいてきて、家庭科で実習したメニューをアレンジしたりする児童の姿がみられました。
 今まで学習した「ゆでる」「炊く」「炒める」「焼く」技に「煮る」技が加わりました。
料理することへの興味関心が高くなり、お家の方からのアドバイスをもらいながら、自分一人でお弁当をつくる子どもが増えてきました。自分のお弁当に加え、家族のお弁当もつくった子どももいて、お家の方からのコメントには、賞賛や励まし、期待など心あたたまる感想がありました。毎回のご協力ありがとうございます。

~こどもの感想より~
・「煮る」では、家庭科で習った白菜の煮浸しをしました。上手にできて、おいしかったです。
・自分の家にある食材で簡単に作ることができました。見た目もおいしそうになりました。
~お家の方より~
・段取りよく調理できたことで自信がついたと思います。家では作ったことのない料理をきちんと自分のものとして作っていたことに驚きました。
・朝早くから起きて作り大変良くできました。同じ弁当をお母さんもお昼にいただきました。とてもおいしかったです。
 
 


平成27年12月18日(金)
~第2回 自分でつくるお弁当の日~

 5年生が11月30日(月)の「自分でつくるお弁当の日」がありました。
「ゆでる」技に、家庭科で学習した「米を炊く」技を加えたお弁当をつくり登校しました。

~子どもの感想より~
・一回目のお弁当作りより、よくできました。しきりを使ってギュウギュウにつめたので、ぐちゃぐちゃにならなかったのでよかったです。

・一回目はにんじんがかたくてあまり味がよくなかったので、今回は細く切ってゆで味付けをこくしたので、とてもおいしくできました。

~お家の方から

・自分で調味することで今まで嫌がっていた野菜を食べることができるようになってきました。これからもっといろいろな食材を取り入れていけると良いと思います。
・ちゃんと自分の意思を持って取り組んでいました。夕食のご飯を炊いてくれいました。思いがけずとてもうれしかったです。



平成27年11月24日(火)
~上妻小 わくわく畑通信4~
  ☆いもほりをしました!
1年生がさつまいもを収穫しました。
つるを切り、マルチをはがし、茎のまわりの土をほっていくと・・・おおきなおおきなおいもが見えてきました。
みんな「ねっこがつながっている~」「みて~こんなに大きいよ~」などキャーキャー大喜びでした。
たくさんのさつまいもが収穫できました。
おうちの人といっしょに食べます。きっとおいしいよね。るんるん
       

  ☆冬野菜 育っています!
 わくわく畑には、ブロッコリーや大根等がどんどん成長しています。おいしい野菜ができるのをみんな楽しみにお世話をしています。わくわく 
       


平成27年9月29日(火)
~4・5年生 稲刈り体験~
  4・5年生が6月30日に田植えをして3ヶ月がたち、金色に大きく育った稲の稲刈りをしました。かまで刈り取った稲穂をコンバインで脱穀しました。
 初めての体験を通して、米作りの大変さや苦労、お米のおいしさ、食べ物を大切にする気持ちなど、それぞれ感じたようです。
~子どもの感想より~
〇田植えの時は、「ウワ-!」「ギャー」など大騒ぎして田んぼに入ったけど、稲刈りでは、土が全く違う固さになっていてびっくりしました。稲刈りはとても楽しかったです。
〇稲を刈った時のザックの感触がすごくよくて気持ちよかったです。
〇手作業で刈るとたいへんだなと思いました。米を食べるとき、大切に食べるようにしていきたいと思いました。
〇お米の学習の時に、昔は手作業だと聞いて大変そうだなと思っていたけど、実際に体験してあらためて大変さを知りました。できたお米を食べるのが楽しみです。

 
 

平成27年9月8日(火)
~上妻小 わくわく畑通信3~
  ☆かぼちゃを収穫しました!
 3年生が育てていたかぼちゃが、夏の間にぐんぐん成長し、たくさん実をつけました。
子ども達は、収穫したかぼちゃを使った料理づくりを行いました。まず、自分のつくりたいものを決め、グループごとにつくり方を調べ、友だちと協力して料理づくりに
挑戦しました。
 かぼちゃの煮つけをつくった男の子は、「先生~ ぼくのかぼちゃの煮つけが一番おいしかったねえ~」と得意げでした。
自分達が育てたかぼちゃでつくった調理は、いつも食べるかぼちゃより、よりおいしく感じたんでしょうね。
みんな笑顔で食べました。 にこにこ 

       

平成27年7月16日(木)
~上妻小 わくわく畑通信2~
 夏野菜の収穫 やった~~!!
わくわく畑のお世話を毎日がんばっている2年生の野菜達が収穫できるようになっています。
とれたてのきゅうりがチクチクすること、毎日様子を見ていないと、あっという間に大きくなることなど、びっくりすることや発見がたくさん
あります。
自分のきゅうりやトマトを収穫する時の顔はニコニコ笑顔でとてもうれしそうです。
 これを機に、野菜に興味をもって好きになってくれるといいな~。わくわく 

 
 
 平成27年7月7日(火)
~5年生 自分でつくるお弁当の日~
  6月29日(月)は、5年生の『自分でつくるお弁当の日』でした。
家庭科で学習した「ゆでる」調理法を生かし、自分で考えたサラダや和え物、ゆで卵を作ってきました。
 初めて料理をする児童も多かったのですが、お家の方の助けをいただき、それぞれアイデアと工夫がみられるおいしそうなお弁当が出来上がりました。
~子どもの感想より~
・がんばってきれいなお弁当が出来ました。アスパラをゆでる時、ゆでる時間がわからなかったので、気をつけながらしました。
・じゃが芋を切るところが、むずかしかったです。味は、おいしかったです。
・野菜をゆでる時、ちょうどいいぐあいにするために、時間をちゃんと見なければいけなかったので大変でした。
・自分で作ってみて、お母さんのありがたみがわかったので、たまには手伝いをしようと思いました。  


平成27年6月23日(火)
~6年生 自分でつくるお弁当の日~
  6月15日(月)は、6年生の『自分でつくるお弁当の日』でした。
家庭科で学習した「炒める」「焼く」をいかし、事前に自分で計画したお弁当を、朝、登校前に作ってきました。
5年生から始まるお弁当の日ですが、今回は技も増え、食材選びや彩りも工夫し、レベルアップしたものとなりました。
みんなよくがんばりました。
~子どもの感想より~
・朝、早く起きて1人で弁当を作りました。もりつけは、すきまがあかないようにしました。弁当作りは楽しかったです。
・野菜炒めを工夫しました。短時間でできるように、にんじんを細く切りました。
・もりつけもおいしそうに見えるように工夫して、同じ色を横にしないようにしました。そして、きれいに色どりよく出来たのでよかったです。
~家の方から~
・朝も早く起きて、自分で作る。人まかせにしない姿がすてきです。
・学校で習った事をきちんとできて、とてもおいしくできました。これからも、色々な料理を家でも教えていきたいと思います。
成長した姿に感激!!

平成27年6月23日(火)
~上妻小 わくわく畑通信~
 
今年も、わくわく畑には、いろいろな野菜が元気に育っています。
毎日、水やりをし、みんな大きく育つのを楽しみにしています。
おいしくおいしくな~れ!