やめしりつこうづましょうがっこう
    
平成29年2月20日(月)
~6年生 「じぶんでつくる弁当の日 5回目」~

 2月20日は、5年生から始まった「じぶんでつくる弁当」の日の5回目でした。
今まで家庭科で学習した「ゆでる」「炒める」「焼く」「煮る」わざをいかした料理に加え、主食をご飯だけでなく、パンや麺に変えてもよい弁当でした。今回は、できるだけ自分で作ろうを目標に前日から準備したり、朝早く起きたりしてよくがんばりました。どの弁当も、とてもおいしそうでした。

 

~子どもの感想より~
・よかったことは、じゃがいもやにんじんをピーラーではなく包丁で皮をむいたことです。
・100% 自分で作れたことが、とてもよかったです。片づけも自分で最後までできたのでよかったです。
・何度か味見をし、満足のいく弁当ができました。
・片づけは、お母さんに手伝ってもらったので、次は自分で最初から最後までやり通したいです。
・今までで1番いいお弁当でした。おいしかったです。

~お家の方より~

・朝早く起きて、一人でもくもくと作っていました。野菜も上手に切り、煮物の味つけもよくできていました。
自分の弁当と私の弁当を二つ作っていました。ありがとう。

・サンドウィッチなんて嫌がっていたのに・・・。計画書をみて驚きました。
しかし、実際に作ってみると、とても気に入っていて、自分で作るからこそ食べてみたくなったのでしょう。
これが、「自分で作る弁当」から学んだ一番の収穫でした。

・回数を重ねるごとに包丁の使い方がうまくなりました。今日は、家族みんなで作ってくれた弁当を持って行きました。
これからもたまに料理をしてください。

・全部自分で作りたいといい、全部自分で作りました。味もおいしくよくできました。

・二人で弁当作り、楽しかったね。



 料理の技術を身につけただけでなく、料理をすることの大変さや家族のふれあい、家族への感謝を感じた弁当の日。

 小さなことでも自分でできることを増やしていこう、弁当の日はそういう日でした。

 2年間の弁当作りをあたたかく見守り、ご支援ご協力いただきました保護者のみなさま、ありがとうございました。


平成28年12月20日(火)21日(水)
~4年生 「大豆パーティー」~
  4年生は大豆を栽培し、大豆について調べ、大豆を使った料理を作りました。自分達で調べた大豆の料理やお菓子、事前に作った味噌をつかった料理など、いろいろな料理に挑戦しました。お家の方を招待し、クイズやレシピの紹介などもおこないました。自慢の料理がたくさん並び、どの料理も好評で保護者の方にも喜んでいただきました。
 
 
平成28年12月5日(月)
6年生「じぶんでつくる弁当の日」

 12月5日(月)に6年生の弁当の日がありました。今回は、「煮る」わざを使った料理が加わりました。
学習をいかし、栄養のバランスや季節の食材にも気をつけて作っている様子がみられました。

○子どもの感想より

・煮る料理はかぼちゃの煮物を作りました。主菜や副菜がとってもご飯と合っておいしかったです。バランスのよい栄養満点のお弁当ができたのでよかったです。

・体の調子を整える仲間を多くして、いろいろな色の食材を使うなど、栄養といろどりを考えた弁当にしました。

○家の方から

・おいしくいただきました。4回目ともなると包丁の使い方等もずいぶんよくなりました。回数を重ねうまくなっています。

・普段は苦手な煮物も、自分で作るとおいしいらしくとても気に入ってました。次は何を作ってくれるか楽しみです。

       
       

平成28年11月28日(月)
5年生「じぶんでつくる弁当の日」

11月28日(月)に5年生の弁当の日がありました。

今回は、「ゆでる」わざに加え、「炊く」わざが増えました。米の洗い方や吸水に気をつけ、おいしいご飯ができたようです。

○子どもの感想より

・工夫したところは、白菜をゆでるときに茎やしんなどの固いところからゆでたところです。

・お母さんに教えてもらって、おいしいゆで唐芋になりました。1回目よりとてもおいしくできたので、家でも自分で作りたいなと思いました。

・ご飯をたく時1回目の水はすぐ捨てることに気をつけました。

・ご飯は、とぐ回数、水の量、たく量など工夫しました。しっとりしておいしかったです。

○家の方から

・たまにご飯をたくのを手伝ってくれているので、うまく出来ていたと思います。

・毎日お米をとぐ手伝いをしているのでおいしく炊けました。6年生になってもおいしいお弁当ができるといいね。

・一つ一つ工夫した味つけができていてびっくりしました。次も楽しみです。

       
       

平成28年11月8日(火)
~わくわく畑 通信~

 1年生がさつまいもほりをしました。大きなお芋にみんな苦戦していましたが、たくさんのさつまいもが収穫できました。
この
さつまいもを使って給食の献立「萩飯(秋の七草の一つ〈萩〉の花をイメージしたご飯)」を作り、給食の時間に1年生が放送してお知らせを
しました。みんなで食べたさつまいもは、おいしかったです。

     
     
                                                                             〈11月11日の給食 萩飯〉

平成28年8月29日(月)
~わくわく畑 通信~

 7月から8月にかけて、2年生が、わくわく畑で育てていた夏野菜がたくさん収穫できました。きゅうりやピーマン・おくらなど、家に持ち帰り家族と
食べました。
また、とうもろこしと枝豆は、学校でゆでてみんなで食べました。おいしかったね。

     
<夏休みに入り、楽しみにしていたとうもろこしを収穫している様子>
平成28年6月27日(月)
~5年生 自分でつくるお弁当の日~

 5年生にとって、初めてのお弁当の日がありました。家庭科で学習した「ゆでる」わざをいかし、早起きをしてサラダや和え物、ゆで卵を作ってきました。
はじめてのお弁当を作る児童も多かったのですが、みんながんばって作ってきました。
 5・6年生で合計5回のお弁当の日を経験します。そのことがきっかけとなり、食事を作る楽しさや大変さを感じたり、料理に挑戦しできた達成感を味わったりして
欲しいと思っています。

 ~子どもの感想より~
・今日のお弁当は、学習をいかせたと思います。ブロッコリーサラダのソースは、あまり上手にできなかったので、家で練習して上手につくれるようにしたいです。
おひたしは、かつお節としゅうゆの味付けにしたけど、しょうゆの味がしなかったので、もう少し増やしたらいいなと思いました。でも、おいしかったのでよかったです。
・工夫したところは、カップを使って他の野菜と混ざらないようにしたところです。努力したところは、固い野菜のれんこんや、にんじんを切ったことです。卵は黄身が
ずれたので、改善したいです。
6年生のお弁当を見学したから、それを参考にして、二回目の弁当もがんばりたいです。

~お家の方から~
・包丁の使い方が見ていてこわかったけど、上手に切れていると思います。ゆで時間もうまくできていました。
・初めて自分で作ったお弁当でした。ちゃんとできるかドキドキだったけど、デキパキとできていてびっくりしました。おいしそうにできてよかったね。
・ドレッシングや味付けを何度も練習してがんばったね。次回も楽しみです。
・自分で考えたおひたしの味もばっちりでした。もっといろいろ作れるようになるといいね。

平成28年6月20日(月)
~6年生 自分でつくるお弁当の日~

  家庭科で学習した「炒める」「焼く」をいかし、事前に計画をたてたお弁当を、前日に下準備をし、早起きをして作ってきました。
 6年生は調理の技も増え、使える食材も増え、よりいっそうおいしそうなお弁当ができあがりました。
 
 ~子どもの感想より~
・工夫したことは、手順良くおかずを炒めたり、ゆでたりする時間をちゃんとはかったりして作ったことです。
どうしたらおいしくなるかな~と考えて作りました。いつもより早くおきてちゃんと作れたのでよかったです。
・3回目だったので手早くできたのでよかったです。野菜炒めが一番うまくできたと思います。理由は人参とピーマンと玉ねぎが上手に焼けたからです。
全部がんばってつくれたのでおいしかったです。

 ~お家の方から~
・おいしそうなお弁当ができましたね。夏休みのお昼ごはんは自分で何かつくれるようになったらいいですね。
・前日から準備をして一人でもくもくとしていました。とても上手に何でもでき、がんばりました。
・日頃からよく料理のお手伝いもしてくれるようになって助かっています。

  保護者のみなさま、ご協力ありがとうございました。